【安田記念2020予想】最終結論

前年の覇者インディチャンプと女傑アーモンドアイの対決再び。

春秋マイル王インディチャンプの充実、VM圧勝のアーモンドアイ。

二強対決で両者が同じ舞台で再び戦い繰り広げる。

豪華メンバー集結。アーモンドアイをめぐって、東京マイルで歴戦の古馬が激突。

安田記念『結論◎ダノンプレミアム』

アーモンドアイVSインディチャンプに注目が集まるが、ハイレベルな走りを見せているのはこの二頭だけではない。

前年の天皇賞・秋ではアーモンドアイに後塵を拝したが、マイルでその輝きを取り戻す。ダノンプレミアムとダミアン・レーンが新コンビ組んで一泡吹かすと予想した。

安田記念2020予想

前年の覇者インディチャンプは今年、マイラーズCからの参戦となる。このマイラーズCが例年とそれほど変わらない流れ、つまり例年レベルなら繋がらない前哨戦の一つとカウントせざるを得ない。

間隔詰めてきたアーモンドアイも前走大楽勝だったにしろやはりどこかで影響ないか懸念している。VMは大楽勝も、今年の安田記念にどう対応していくか。

課題多い中で競馬を展開していくこのGⅠ7勝馬に一倍台の価値はどこまであるか。果たして妥当なのか。

対抗するには、それなりの高いレベル、速いペースへの適性を求める。

本命に推奨するダノンプレミアムは、昨年の安田記念で人気を背負いながらも大きく敗れた。

安田記念2020予想

評価を落とす一因となっているが、これは全く競馬になっていないのでオミットすべきレースだろう。出遅れ、後方待機と自分の競馬が出来なかったこのレース、瞬発力を武器にするタイプではなく先行策から長く良い脚を使うダノンプレミアムにとって全てが逆風に吹いたレースだったと言える。

前日の雨で馬場が重たい状態で、推定1分32秒代後半の決着になると予想。

昨年同様に1分31秒台の時計で上がりも32秒台という高速決着になるとは想定し辛く、今年は全体32秒台で上がり34秒台前半でまとめれば十分に通用すると考える。

安田記念2020予想

天皇賞・秋でアーモンドアイが出した上がりは33.8、ダノンプレミアムが34.5という時計。前走より忙しいマイルの流れで、VMほど楽な競馬にならない。

アーモンドアイが速い流れでそこまでスムーズな競馬を展開できるかは推し量れない。それならば、前々で封じ込める競馬を展開するダノンプレミアムに逆転の余地がある。

確かにアーモンドアイは強いが、VMとはまた違う流れになる。そうなれば前走圧勝劇をそう簡単に再現できるわけではない。

今度は前々に強い馬が揃っている。イーブンペースで推移し、後半34秒台の時計で十二分に封じ込める馬場状況ならダノンプレミアムの出番と予想。

本命はダノンプレミアム。ダミアン・レーンという頼もしい騎手を背に朝日杯FS以来の戴冠期待したい。


中央競馬ランキング

2020年競馬予想結論カテゴリの最新記事