【阪急杯】最終結論

【阪急杯】最終結論

玉石混交すぎるこの難解なレース。

どちらかと言えば、穴馬の台頭あると想定して予想を進めた方がよさそうだ。

人気サイドのダイアトニック、フィアーノロマーノは中々信頼し辛い。

次走を見据えた馬たちと違いってここが勝負の馬を選びたい次第。

阪急杯『結論◎ベストアクター』

連勝の中身濃いベストアクターの出番だ。

前走の雲雀Sでは目の覚める末脚で追いこんで、上がり33.4。

二走連続で上がり33秒台とあらば、やはりこのレースの適性的にも合っていると判断したい。

レベルの高い条件戦を通して、重賞初挑戦も苦にならない。

混戦模様で上位陣信用ならなぬとあれば新星登場に期待。


中央競馬ランキング

[temp id=2]

2020年競馬予想結論カテゴリの最新記事