【中山金杯2020予想】結論

【中山金杯2020予想】結論

例年ペースはやや落ち着く傾向にある。

それでも先行勢はイーブンペース程度。小回りらしく最後はグッと締まったレース展開。

ロングスパート適性問われる舞台だけに、長く良い脚求められる。

中山金杯『結論◎ギベオン』

ロングスパート適性、レースレベルという意味ではクレッシェンドラヴは一歩抜きんでた存在に映る。厳しいペースにも遅いペースにもある程度対応できるだけに、この金杯では無視できない存在。

可能性があるとすれば、三歳時の中日新聞杯で最高のパフォーマンスを見せて以来中々結果が出ていないギベオン。

ギベオンが見せたこのレースのパフォーマンスは、このメンバーの中でも傑出した実績と言える。

それ以降は中々結果を出せていないが、これはペースとスパートの適性によるもの。

前走は勝負どころで馬群に閉じ込められ、直線でも前が開かず完全に脚を余したので度外視。

ロングスパートに秀でており、上がり3Fよりも5F勝負に適性がある同馬にとって金杯は打ってつけの舞台。

舞台は整った。結果が出すには適性の部分に頼りたい。

鞍上にフォーリー手配で勝負気配。


中央競馬ランキング

↑応援クリックお願い致します。

[temp id=2]

2020年競馬予想結論カテゴリの最新記事