【フィリーズレビュー】最終結論

【フィリーズレビュー】最終結論

桜に繋がる1400M戦。

阪神内回りという舞台で行われるだけに、予想の難しも当然あろう。

伏兵の台頭も見ながら、予想を展開していく。

フィリーズレビュー『結論◎マテンロウディーバ』

軽量牝馬、瞬発力非凡なものがあるマテンロウディーバを推奨したい。

前走紅梅Sはスローペースを差して上がり最速。

レースペース的にもう少し厳しい流れで末脚勝負になればチャンスだっただけに、この敗戦はオミット。

例年速いペースから差し脚比べ、スローを差してきた馬が台頭するレースだけにこの舞台は合う。

前走よりも速いペースで、自身の強みを発揮できるレースなら軽視する必要はない。

この時期の三歳牝馬戦ならまだまだ格は存在しないに等しい。

格上挑戦のディープインパクト産駒がこの舞台で差し切り決める。


中央競馬ランキング

[temp id=2]

2020年競馬予想結論カテゴリの最新記事